メルセデス・ベンツ、IDEX2015で新型シャーシパッケージを発表

IDEX2015に展示された新型シャーシパッケージ「FGA14.5」

IDEX2015に展示された新型シャーシパッケージ「FGA14.5」

 

メルセデス・ベンツは2月22日から26日まで、UAEのアブダビで開催されたIDEX2015の会場で、装甲・非装甲車輌を問わず使用できる特殊シャーシパッケージ「FGA14.5」を発表した。

FGA14.5の車体を含むペイロードは8.5tで、パワープラントには301馬力OM926ディーゼル・エンジンを採用しており、355アンペアの発電能力を持つ。またヘッドライトなどは省電力化のため、すべてLEDに統一されている。

これによりエアコンやバトルマネジメントシステム、RWS(リモコン・ウェポン・ステーション)などに必要とされる電力を、余裕をもって供給することができる。

メルセデス・ベンツが製造・販売している多目的作業用自動車「ウニモグ」は、非装甲車輌だけでなく、近年では開発コスト削減のためドイツのクラウス・マッファイ・ヴェクマンの「ディンゴ」などの装甲車輌のシャーシとしても採用されており、「FGA14.5」はこうした需要に応えるために開発されたものと見られる。