エアバス・ヘリコプターズ、H175Mをファンボローに出展

DSCN0137

エアバス・ヘリコプターズはファンボロー・エアショーにH175の軍用機型「H175M」を出展した。

H175Mの原型であるH175は、エアバス・ヘリコプターズの前身であるユーロコプター(当時)と中国のハルビン飛機製造公司が共同開発した7.5t級の双発ヘリコプターで、ユーロコプターはメインギアボックス、アビオニクス、電気・油圧系統など、ハルビン飛機製造公司はエアフレームやメインローター、操縦系統などの開発をそれぞれ担当している。

エアバス・ヘリコプターズはイギリス空軍のプーマHC.2などを更新する新中型ヘリコプター計画(NMH)に、H175Mで入札する方針を示している。

イギリス軍向けH175Mはイギリス国内での生産が計画されており、エアバス・ヘリコプターズは7月16日に、バブコック・インターナショナル、マーチンベイカー、スピリット・エアロシステムズ、プラット・アンド・ホイットニーカナダと、イギリス軍へのH175Mへの円滑な供給とサポートを行なう事を目的とする「H175Mタスクフォース」を結成している。