GDELS、ユーロサトリで新型軽戦術車輌「MERLIN」を発表

DSCN9915

ジェネラル・ダイナミクス・ヨーロピアン・ランドシステムズ(GDELS)はユーロサトリで、新型軽戦術車輌(LTV)「MERLIN」を発表した。

MERLINは全長5.05m、全幅1.82m、可変高1.85mの四輪駆動車。シャーシは同社の軽装甲車「イーグルⅣ/V」と汎用車輌「デューロ」の派生型であることから、GDELSはイーグルとデューロのオペレーターには、工具やスペアパーツの共通化と、整備員の再教育に要する時間の短縮により、運用コストを低減できるメリットがあると述べている。

ガソリン以外の燃料も使用できるマルチフューエル・ディーゼル・エンジンとZF製のオートマチック・トランスミッションを組み合わせており、路上最大時速は130km/hと発表されている。

総重量は6,300kg、ペイロード重量は3,200kgで、最大10名が搭乗できる。また全幅と全高を抑えたことにより、CH-47、CH-53両輸送ヘリコプターへの搭載も可能となっている。