IAI、ユーロサトリに歩兵支援用UGV「RexMk.Ⅱ」を出展

DSCN9811

イスラエルのIAIはグループ企業のエルタ・システムズが開発した歩兵支援用UGV「Rex Mk.Ⅱ」を、ユーロサトリ2022に出展した。

Rex Mk.Ⅱはエレクトリック・ハイブリッド動力システムを使用する4輪駆動車で、IAIは主な用途としてISR、物資輸送、火力支援を挙げている。ペイロード重量は1,250kgで、火力支援に使用する際には7.62mmまたは12.7mm機銃を装備したリモート・ウェポン・ステーションを搭載する。

最大航続距離は300kmで、ハイブリッド動力システムの特長である走行音の低い電気モーターを使用した場合の走行距離は70kmと発表されている。自律走行に加えて遠隔操作も可能で、兵士に追随する「フォロー・ミー」機能も備えている。

サイズの詳細は明らかにされていないが、IAIはMV-22「オスプレイ」やCH-47「チヌーク」への搭載も可能であると述べている。また、IAIは水陸両用型の開発構想も示している。