サーブ、電子戦用小型軽量パッシブセンサー「シリウス・コンパクト」を発表

20220510-en-4261343-1

(写真:SAAB)

サーブは5月10日、軽量電子戦用パッシブセンサー「シリウス・コンパクト」を発表した。

シリウス・コンパクトは同等のパッシブセンサーに比べて小型軽量で、かつ消費電力も少ないため、三脚への設置やドローンへの搭載も行える。モジュール式で拡張性を備えており、単体としてはもちろん、センサーネットワーク、既存センサーの補完としても使用できる。

20220510-en-4261343-2

(写真:SAAB)

レーダーやデータリンクの放射の検出だけでなく、分類と脅威の優先順位付けをする能力も備えており、センサーに機密データを保存することなく、状況認識情報の同化と編集を行うこともできる。

なお、シリウス・コンパクトの開発と製造は、スウェーデン国外での存在感をさらに高めるというサーブの戦略に基づき、同社のスウェーデンとフィンランドの両事業部が分担して行う。