ニュージーランド空軍向けP-A初号機、キールビームを据え付け

(画像:Boeing)

ボーイングは3月17日、ニュージーランド空軍が導入する、最初のP-8A「ポセイドン」哨戒機のキールビームが敷設されたと発表した。

キールビームの敷設は、P-8Aを含めたボーイング737の胴体、ナセル、パイロンの設計と製造を手がけるスピリット・エアロシステムズの工場で行なわれたもので、同社で瀬製造された胴体を含めたコンポーネントは、ワシントン州レントンのボーイングの商用航空機施設で、最終組み立てが行なわれる。

ニュージーランド空軍向けP-8Aの初号機は最終組み立て完了後、ボーイング・ディフェンス・スペース&セキュリティでミッションシステムの取付けを行ない、2022年後半にニュージーランド空軍へ引き渡される予定となっている。

ニュージーランド空軍はP-3K 2哨戒機 6機の後継機として4機のP-8Aの導入を予定している。