PZLミェレッツ、フィリピン国防省とS-70iヘリコプター32機の追加製造契約を締結

(写真:Lockheed Martin)

ロッキード・マーティンは2月22日、同社の傘下企業であるポーランドのPZLミェレッツとフィリピン国防省が、S-70i多用途ヘリコプター32機の追加製造契約を締結したと発表した。

契約はフィリピンのデルフィン・N・ロレンサナ国防長官とPZLミェレッツのヤヌス・ザクレツキ社長兼総監督が出席し、フィリピン国防省で行われた。

(写真:Lockheed Martin)

フィリピン空軍向けS-70iはすべて実用機構成で、全機がPZLミェレッツで製造される。4軸連動フライトディレクター、気象レーダー、統合機体モニタリングシステム(IVHMS)、9000ポンド(4082kg)の貨物フック、完全統合デジタルコックピットが搭載される。パイロットと整備要員の訓練は、アメリカとフィリピンで行われる。

フィリピン空軍はPZLミェレッツが製造したS-70iを16機導入しており、2021年12月までに16機が完納されている。フィリピン空軍はS-70iを第205戦術ヘリコプター隊で運用しており、追加調達されるS-70iも第205戦術ヘリコプターで運用され、捜索・救助活動、人道支援・災害救援、兵員輸送などに使用される。