エアバス、CFMと水素燃焼技術の実証実験パートナーシップを締結

(画像:Airbus)

エアバスは2月22日、CFMインターナショナルと水素燃焼技術の実証実験を行うためのパートナーシップを締結したと発表した。

技術実証実験プログラムでは2035年に予定しているゼロエミッション航空機の就航に向けた準備の促進を目的に、水素を燃料とする直接燃焼エンジンの地上試験と飛行試験を実施する。

(画像:Airbus)

飛行実証実験はエアバスが所有するA380飛行試験機に、水素燃料で運転されるCFMインターナショナルに出資するゼネラル・エレクトリックのビジネスジェット用ターボファン・エンジン「GE Passport」を装着して行われる。GE PassportはA380飛行試験機の機体後部に装着され、A380のエンジンの排気と区別してモニタリングされる。

エアバスはA380飛行試験機とフランス、ドイツの同社施設で製造される水素燃料タンクの提供、飛行試験の監督を行い、CFMインターナショナルは「GE Passport」の燃焼器、燃料システム、制御システムを水素燃料用に改造し、飛行試験前に大規模な地上試験も行う。