米国防総省、ボーイングと空自F-15MJの能力向上改修支援契約を締結

(画像:Boeing)

アメリカ国防総省は2021年12月30日、ボーイングとの間で防衛省がFMS(対外有償軍事援助)を利用して発注した航空自衛隊のF-15Jの能力向上改修計画「JSI」(Japanese Super Interceptor)を支援する総額4億7,131万3,000ドルの契約を締結したと発表した。

契約は航空自衛隊のF-15MJの能力向上改修を支援する統合航空機システムの設計と開発、4つのウエポンシステムトレーナーの開発と試験、納入で構成されている。

作業はボーイングの軍用機部門の本拠地であるミズーリ州セントルイスで行われ、完了期限は2028年12月31日に設定されている。