ロールス・ロイス、次期戦闘機のエンジン実証機をIHIと共同開発

(画像:Rolls Royce)

防衛省は12月22日、日英防衛当局が航空自衛隊の次期戦闘機のエンジンの共同実証事業を2022年1月から開始することを確認し、そのための当局間取り決めの署名を完了したと発表した。

これを受けてロールス・ロイスは同日、次期戦闘機用エンジンの実証機をIHIと共同開発すると発表した。同社はこの共同開発を日英両国が将来的に必要とする戦闘機を開発するための重要な一歩と位置づけており、将来的には日英両国で数百名の雇用創出につながる可能性があると述べている。

また、日本政府と「業界が近年実施している技術プログラムに、イギリスがテンペストプログラムで開発する技術を合わせることで、世界有数のより高性能な次世代動力・推進システムの開発が可能になり、ロールス・ロイスにとって世界的な技術と能力を確実に向上させることにも繋がるとしている。

日英共同実証事業は2022年1月からの開始を予定しており、イギリスは計画、デジタル設計、革新的な製造技術の開発に3,000万ポンド(約45億円)の初期投資を行ない、 さらに2億ポンド(約303億円)の資金を投入して実物大の実証機の開発を行う。

次期戦闘機のイメージCG(画像:防衛省)

ロールス・ロイス防衛部門で事業開発・フューチャープログラム担当エグゼクティブ・バイスプレジデントを務めるアレクサンダー・ジノ氏は「ロールス・ロイスの様々な部門が、長年にわたって日本の顧客や産業界パートナーと価値ある関係を築いてきました。日英の業界からなるチームは両国の次期戦闘機の要件を満たすべく互いの技術を補完しあい、よりクリーンな次世代動力と推進力を促進する技術を提供します。共同エンジンの実証プログラムは、世界最高の戦闘航空能力を結集する期待に満ちた喜ばしい機会であり、また、防衛航空宇宙産業の将来を支える革新的な重要技術の開発を可能にするものです」と述べている。

なお防衛省はエンジン以外にもサブシステムレベルで、イギリスとのさらなる協力の実現可能性も検討していくとしている。