エアバス、シンガポール航空とA350F貨物機導入のLOIを締結

(画像:Airbus)

エアバスは12月15日、シンガポール航空とA350の貨物機型A350F 7機の発注に関する基本合意書( LOI:Letter of Intent)を締結したと発表した。A350Fの導入契約は本件で3件目となる。

本契約ではシンガポール航空は2025年第4四半期から、現在運用しているボーイング747-400F貨物機をA350Fで順次更新する予定となっている。

2021年に取締役会の承認を得て開発が決定したA350F の貨物積載量は109tで、胴体の長さと容量は業界標準のパレットやコンテナに合わせて最適化されている。

メインデッキには大型の貨物ドアを備えており、大型貨物の積み下ろしが容易に行なえる。機体の 70%以上に最先端の材料が使用されており、これにより既存の競合機より離陸重量を 30 t軽量化し、燃費と排出量を最低20%削減できる。

エアバスのエアバスのクリスチャン・シェーラー最高営業責任者は今回の契約締結を受けて「シンガポール航空が貨物機材の更新において、A350F に対する支持を表明していただいたことを光栄に思います。A350F は世界最新の大型貨物機で、運航効率性、低燃費、CO2 削減の点から、市場において比類ない性能を提供します」との声明を発表している。