エアバス、新型電動VTOL機「CITY AIRBUS NextGen」を発表

(画像:AIRBUS)

エアバスは9月21日、「持続可能な航空宇宙の開拓」をテーマに行なわれたエアバス・サミットで、
同社が開発を進めている電動VTOL(垂直離着陸機)「CITY AIRBUS」の最新仕様「CITY AIRBUS Next Gen」を発表した。

CITY AIRBUS NextGenは8つの電動プロペラで飛行する固定翼機で、V字型の垂直尾翼の先端を繋ぐ形で水平尾翼を設けている。

乗客数は4名、目標航続距離は80km、目標巡航速度は120km/hをそれぞれ設定している。都市部での運用を考慮して、飛行中の騒音は65dB(A)以下、離着陸時の騒音は70dB(A)以下に抑えられている。

(画像:AIRBUS)

エアバスは2種類の電動VTOL機のデモンストレーター「CITY AIRBUS」と「Vahana」を使用して242回の飛行・地上試験と合計約1,000kmの飛行試験を行なっており、CITY AIRBUS NextGenの開発には両機の試験によって得たデータが活用される。

CITY AIRBUS NextGenは現在詳細設計段階にあり、試作機の初飛行は2023年、EASA(欧州航空安全機関)のVTOL機のための特別要件(Special Condition)の取得は2025年ごろを、それぞれ予定している。