ロッキード・マーティン、DSEベトナムでF-16Vをアピール

ロッキード・マーティンのブースに展示されたF-16Vの大型模型

ロッキード・マーティンは10月2日から4日までベトナムの首都ハノイで開催された、同国初の防衛装備展示会「DSEベトナム2019」に「F-16V」(ブロック70/72)の模型を出展した。

F-16VはAPG-83 AESAレーダーの搭載やミッション・コンピュータの更新、6×8インチの大型液晶ディスプレイを使用するグラスコクピットの導入、自動地表衝突防止装置の追加といった改良が施されたF-16の最新仕様機で、台湾とスロバキアが導入を決定しているほか、ブルガリアやインドなどにも提案されている。

ベトナム空軍は現在Su-27とSu-30MK2、Su-22を運用しているが、2015年に退役したMiG-21の後継機の導入も検討しており、Su-35やJAS39グリペンと共にF-16も候補機として名前が挙がっている。

南沙諸島の領有権問題などで中国との摩擦が顕在化して以降、ベトナムはアメリカとの軍事的な結びつきを強めており、アメリカ政府は2019年6月にボーイングの子会社であるインシツが製造している偵察用UAV(無人航空機)「スキャンイーグル」6機の売却を決定。またベトナム空軍がテキストロン・アビエーションのターボプロップ練習機T-6「テキサンⅡ」の導入を希望しており、アメリカ政府も前向きな姿勢を示していることから、F-16Vが提案される可能性は高いと見られている。

C-130Jの大型模型

なおロッキード・マーティンはF-16Vのほか、C-130J輸送機とその民間機型のLM-100Jの大型模型も出展しており、多くの来場者が同社ブースを訪れていた。