ブラジルのマックジー、多連装ロケットランチャーシステム「アルマジロTA-2」をDSEIで発表

HMMVWのルーフトップに搭載されて展示された「アルマジロTA-2」

ブラジルのマックジーはDSEIで、多連装ロケットシステム「アルマジロTA-2」を発表した。

アルマジロTA-2は射程2~10kmの70mm地対地ロケット弾を16発収納したランチャー3基が1セットとなっており、合計48発のロケット弾を搭載する。

HMMVWクラスの車体であれば車内にはランチャー2基分、合計32発のロケット弾を搭載できる。DSEIの展示ではHMMVWに搭載されていたが、ユーザーの要求によって多様な軽車輌をプラットフォームとして選択できる点をセールスポイントとしている。