ノースロップ・グラマン、JAXA、YACと宇宙関連教育の協力に関する覚書を締結

覚書に調印したスタン・クロウ氏(中央)、桜庭 望氏(左)、遠藤 守氏(右)の三氏(写真:Northrop Grumman)

ノースロップ・グラマンは4月1日、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)及び公益財団法人日本宇宙少年団(YAC)と、宇宙関連教育の協力に関する覚書(MoU) を締結した事を明らかにした

覚書締結の調印式は3月1日にノースロップ・グラマン・ジャパンの東京オフィスで、同社のチーフ・エグゼクティブ、スタン・クロウ氏とJAXA宇宙教育センター長の桜庭 望氏、YAC専務理事の遠藤 守氏の三氏の出席の下執り行われた。この覚書の取り決めにより、ノースロップ・グラマンとJAXA、YACは日本とアメリカで宇宙教育関連プログラムを推進していく事となる。

調印式後スタン・クロウ氏は「幣社のパートナーであるJAXA及びYACと覚書を締結できることを大変嬉しく思います。この提携は、STEM(科学・技術・工学・数学)教育を促進し、宇宙の次世代のパイオニアとして日本の若者達の意欲を高めるのに役立つことでしょう。」と述べている。