東京防衛航空宇宙時評

「LEAP-1A」搭載型A319neo、EASAとFAAから型式証明を取得

エアバス「LEAP-1A」エンジンを搭載するA319neoで500時間以上の飛行試験を行なった(写真:Airbus)

エアバスは12月 21 日、CFM インターナショナルの「 LEAP-1A 」エンジンを搭載するA319neo が、EASA(欧州航空安全庁)とFAA(アメリカ連邦航空局)から型式証明を取得したと発表した。これによりすべての LEAP-1A エンジンを搭載するA320neoシリーズの運航が、国際航空当局から承認されたことになる。

A319neo は2017 3 月の初飛行から 500 時間以上の飛行テストを実施して、型式証明を取得した。エアバスは今回の型式証明取得により、エアバス・コーポレート・ジェットが開発を進めているビジネスジェット(コーポレートジェット)「ACJ319neo」 の、2019年上半期の就航に向けた道筋がより明確になったとしている。

 Tokyo Defence & Aerospace Review © 2014-2018