東京防衛航空宇宙時評

エアバスヘリコプターズ、神戸事業所を拡張

拡張が決定したエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンの神戸事業所(写真:Airbus Helicopters)

エアバス・ヘリコプターズは11月29日、国際航空宇宙展2018東京の会場で、国内でのビジネス拡大に伴い、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンの神戸空港事業所に隣接する敷地に格納庫などを増築すると発表した。

神戸空港事業所は、エアバス・ヘリコプターズのアジア地域のエンジニアリング拠点としての拠点の役割を果たしており、日本国内のみならず韓国などで運用されている同社の回転翼機のMROや改造作業を、年間50機程度実施している。また2014年にはH135のフル・フライト・シミュレーターも導入しており、導入から現在までに500名以上の国内外のパイロットや整備士の訓練を行なっている。

神戸事業所は現在、最大25機の中型ヘリコプターの格納能力を備えているが、格納庫増築により格納能力は最大40機程度にまで増強される。また整備施設も現在から60%増加するほか、今後の需要拡大に備えたオフィスや倉庫も設置される。着工は2019年6月、竣工は同年11月を予定しており、竣工後の専有面積は 神戸空港内の空港事業所としては最大の1 万 9,685 ㎡となる。

神戸空港事業所の格納庫。拡張後は最大約40機の回転翼機の格納が可能となる(写真:Airbus Helicopters)

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのオリヴィエ・ティリエ代表取締役社長は神戸事業所の拡大を受けて「エアバス・ヘリコプターズにとって日本は大変重要な市場です。今回の神戸事業所拡張はわたしたちの日本国内での成長戦略の一部であり、今後も拡大する需要へ責任をもってお応えし、お客様へのサポート体制をより一層強化します。神戸事業所は今日までさまざまな技術、能力を構築し、今後も大きな成長の能性を秘めています。より万全な体制で機体導入後のサポート、MRO、エンジニアリング、テクニカルサポート、シミュレーター・トレーニングなど包括的ソリューションを提供し、お客様のオペレーションを支援いたします」とのコメントを発表している。

 Tokyo Defence & Aerospace Review © 2014-2018