東京防衛航空宇宙時評

トルコのSTM、通常動力潜水艦「TS1700」をINDOでアピール

STMが出展した「TS1700」の大型模型

トルコの造船メーカーSTMは、ジャカルタで開催中の防衛装備展示会「INDO」に、通常動力攻撃型潜水艦「TS1700」の模型を出展した。

TS1700は全長60.14m、水上排水量1,517t、水中排水量1,740tで、最大潜航深度は300m以上。航続距離はディーゼル推進で6,000海里、バッテリーで400海里、ディーゼル・ジェネレーターとAIP機関を併用すれば7,250海里と発表されている。

艦首の魚雷発射管8本のうち、4本は水中発射型ミサイルの発射機能を備えており、対潜戦闘だけでなく対地攻撃も行なえる。また特殊部隊などの隊員6名の居住スペースも設けており、特殊部隊の投入や回収も行なえる。

TS1700はこのクラスの潜水艦としては極めて少ない、25名の乗員での運用が可能とされており、STMは省力化による乗組員の居住環境の改善により、最大90日の展開が可能になるとしている.

 Tokyo Defence & Aerospace Review © 2014-2018