東京防衛航空宇宙時評

ユーアールエー、英国MST製ボート「ILC800」を危機管理産業展に出展

「アルゴ700 アベンジャー」を搭載した「ILC800」

株式会社ユーアールエーは、イギリスMSTのセミリッジボート「ILC800」を危機管理産業展に出展した。

スペックは全長8.0m、全幅3.8m、デッキ面積11.6㎡、重量120kg、ペイロードは3,000kg、エンジン出力90hp。ツイン・ヘビーデューティ・エアキールにより、優れた保針性と船体剛性を備えている。

ILC800は大型装備や車輌などの運搬を前提に設計されており、艇首に可動式パネルを装備。近づきにくい岸辺や波打ち際などでの迅速な貨物や車輌の積み下ろしが可能となっている。

I全気室一斉エア充填システムを採用しており、数分での展開が可能。キャリーバックに梱包した状態でトラックの荷台やトレーラー、船舶のデッキなどに搭載して輸送することもできる。

MSTはILCより小型のILC600(全長6m)と、大型のILC1000(全長10m)も開発しており、ユーアールエーはISTシリーズを防衛省に提案する意向を示している。

 Tokyo Defence & Aerospace Review © 2014-2018