東京防衛航空宇宙時評

タレス・オーストラリア、ユーロサトリに「ブッシュマスターMR6」を出展

「ブッシュマスターMR6」の野戦救急車型

タレスのオーストラリア法人タレス・オーストラリアはユーロサトリ2018に、陸上自衛隊などが採用している4×4耐地雷装甲車「ブッシュマスター」の最新型「ブッシュマスターMR6 (Multi Role 6)」の野戦救急車型を出展した。

ブッシュマスターMR6は300~330馬力のディーゼルエンジンと6速のオートマチックトランスミッションを採用。乗員は2名増えて、乗員は2名+下車歩兵10名となっている。ブッシュマスターMR6は従来型よりもさらに防御力が強化されており、装甲の徹甲弾に対する耐性、耐地雷・IED性能が向上している。

今回出展された装甲野戦救急車型はフィンランドのフレステム社のストレッチャーを採用しており、タレス・オーストラリアは野戦救急車型のほか、装甲兵員輸送車型、工兵車輌型、指揮車輌型、自走迫撃砲型、IED・爆発物処理車型など12種類をラインナップしており、また既存のブッシュマスターからMR6仕様への改修も可能であるとしている。

フレステム製のストレッチャーなどが搭載されたブッシュマスターMR6の車内

 Tokyo Defence & Aerospace Review © 2014-2018