ジャンケル、軽偵察車輌「フォックスRRV-x」をDSEIで発表

トヨタの7ハイラックスをベースとする軽偵察車輌「フォックスRRV-x」

 

9月12日から15日までロンドンで開催された軍事・セキュリティ見本市、DSEI(Defence and Security Equipment International)で、イギリスの特殊車輌メーカーのジャンケルは、軽偵察車輌フォックスシリーズの最新型「フォックスRRV-x」(Rapid Reaction Vehicle-x)を発表。

フォックスシリーズはトヨタのランドクルーザー79をベースとしているが、フォックスRRV-xはトヨタのピックアップトラックのハイラックスをベースとしておりベルギー国防省の採用が決定している。

フォックスRRV-xの詳細なデータは公表されていないが、乗員は4名で航続距離が900km(オプションで1,300km)、CH-47ヘリコプターへの搭載が可能とされている。

ロールバーを兼ねたウエポン・マウントを装備しており、12.7m機銃や40mmグレネードランチャーなどを装備できるほか、車長席にもスイングアーム方式のピントルマウントが装備可能となっている。