東京防衛航空宇宙時評

国内最終組立分のF-35A初号機、お披露目式典を実施

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

お披露目された航空自衛隊向けF-35Aの5号機(写真:Lockheed Martin)

6月5日、愛知県の三菱重工業小牧南工場で、国内で最終組み立てが行なわれた航空自衛隊向けF-35Aの初号機(AX-5)のお披露目式典が行なわれた。

式典には若宮健嗣防衛副大臣、杉山良行航空幕僚長、三菱重工業の阿部直彦執行役員防衛・宇宙セグメント長、ジェリー・マルティネス在日米軍兼第5空軍司令官、F-35プログラムのエグゼブティブオフィサーのマット・ウィンター海軍少将、ロッキード・マーティン・アエロノーティクスのオーランド・カルヴァルホ副社長ら日米両国から約200名が参加。若宮防衛副大臣は「安全保障環境が厳しさを増す中で、卓越した能力を持つF-35Aを取得する事には重要な意義があり、防衛産業の技術基盤を維持・強化する上でも意義深い」と述べた。

またロッキード・マーティン・アエロノーティクスのカルヴァルホ副社長は、「(三菱重工業の)熟練した労働者の存在は、今後数十年に及ぶF-35Aの運用期間を通じて、日米同盟を強化する戦略的ビジョンをもたらすだろう」と述べ、今後も同社が三菱重工業をはじめとするF-35Aの製造関連企業と、防衛省・航空自衛隊をサポートしていく方針を改めて示した。

今回お披露目されたAX-5は、今後国内での飛行試験を経た後、アメリカへ移動して検査が行なわれるものと見られる。このため平成29(2017)年度末に三沢基地で発足する予定の臨時F-35A飛行隊(仮称)は、現在小牧南工場のFACO(最終組み立て及び検査施設)で組み立て作業中で、今年度中に防衛省に納入される通算6号機(AX-6)と、アメリカでの訓練課程を終了した要員約40名程度の規模でスタートする見込みとなっている。

 Tokyo Defence & Aerospace Review © 2014-2017
Top